MENU

Daio ESTATE BANK 大央採用サイト

株式会社大央 総合トップ

エントリーはこちら

INTERVIEW 先輩インタビュー

管理部 建築工事担当 係長 若杉憲作(2014年入社)

現在の仕事について教えてください。

長年お預かりしております管理物件も多く、経年劣化による建物修繕時期を迎えております。 大央の管理物件では、大規模修繕工事を迎えた際に工事計画の立案を行い、オーナー様への提案、数社見積の上、比較検討、工事受注から工事完了引き渡しまで全てを通して自社で行っています。

建物保全のため修繕工事を行う際は、既存の仕様と比較し長期的なメリットを考え仕様のグレードを上げる提案や、リーシングや入居者様の満足度を上げるバリューアップを 狙ったリニューアル工事の提案なども行っています。

住居ビルに限らず、商業ビルも多くお預かりしているため、築年数によるデメリットを解消する計画の立案なども行っています。

実際の工事では元請けとして最上流位置で、設計会社とは違った経験が出来る仕事だと思います。

商業ビルなどのテナント入店時の対応もあり、オーナー様よりお預かりしている物件の窓口として 遵法性の指摘や構造上の不備が起きないか、建物の美観に影響を及ぼす可能性が無いかなど 様々な視点から設計者や施工者との折衝を重ね、OPENまでの管理を行っています。 建築的なハード面(構造・設備・施工上の観点より)とソフト面(意匠性・法的な解釈・協議等) 両方を解決していく面白さと色々な知識を得る楽しさがあります。

これまでもっとも嬉しかった仕事のエピソードは?

私が進めた建物の大規模修繕プロジェクトが決定し、これを機に社内に「建築工事部門」という新しい部署が誕生したことです。

大規模修繕だけでなく、専任の建築士が常駐する大央なら、デザイン性の要求にも応えられます。建物全体のリニューアルに携わった早良区のNew8西新はその代表的な例。大央初の大規模修繕工事に着手し、完遂した瞬間の達成感は忘れられません。

未来の仲間へメッセージをお願いします。

建築工事部門の仕事にはある程度、建築の知識が求められます。そして、建物の「建物管理」という重要な任務もあり、私はこれが今後の不動産事業にとってとても重要な役割を担っていると考えています。優れた「管理力」があれば、建物は長くその価値を保ち続けられる。ですから「建物管理」には建築や設計に関するより深い知識や計画性が求められ、そこに仕事としての醍醐味もあるのです。

建築業界で培った経験や知識を多方面で活かしたい方、技術だけで終わりたくない方には、「建物管理」という分野でその力を発揮していただきたいと思います。もちろん、未経験者の方でもご自分のビジョンがあれば「建物管理」の面白さと難しさを一から教えていく準備はできています。ぜひ面接にチャレンジしてください。

Time Schedule

一日のタイムスケジュール

9:00

朝礼・部内ミーティング

出社後は、メールチェックをした後、朝礼に参加。1日の業務の流れとスケジュールを確認します。

9:25

関係業者、メーカーへの手配打ち合わせ

案件の打合せ手配・必要に応じて現地や来社頂き、業務の進捗確認をします。メーカーをコンタクトをとり、自分が現在必要な仕様についての相談や情報をヒアリングします。

11:00

大規模修繕工事 仕様書作成

既存の状態を把握し、現状の工法や仕様で良いかまた予算に応じて最善の方法を模索しながら工事仕様書の作成を行います。

12:00

昼食

昼食は同期や後輩と一緒に食堂で食べたり、その日の気分で天神の色々なランチを食べに行き気分をリフレッシュし、午後の業務に備えます。

13:00

メンテナンス報告書チェック

管理物件の様々な業者より挙がる報告書に目をとおし、報告内容の確認・見積の依頼、部下に指示し報告書一覧に履歴の入力を行います。

14:00

提案用 Planning

大規模修繕・提案工事など特に商業ビルや住居ビルのエントランスなど、意匠のバリューアップなどのPlanningを行います。また、建築設計・商業建築などの資料集めなども行います。

16:00

見積手配等、見積書作成

現地調査の日程調整や依頼書の作成を行います。

17:30

夕礼(報告のある場合のみ)

その日の業務や「お困りごと」など重要案件や相談案件など適宜判断の上、取締役に時間を取ってもらい小会議を行います。

18:00

残業務・日報等

明日のスケジュールを確認し、日報を書いて、退社。

19:30

帰宅

終業後はジムに寄ったり、飲みに行ったりします。

Entryエントリー

採用責任者に、
「採用サイトを見た」とお伝えください。

受付時間:月曜日〜土曜日
(祝日を除く)